インターネットのことをよく知っている人たちがいるという噂がありますが、その噂は果たしてどれくらいの信憑性があるでしょうか。

インターネットのことははっきりいってしまいますとすべてを知っている人たちはどこにもいないのではないかと思えてくるような世界ですね。

インターネット何といっても世界中のすみずみに行きわたっているシステムですし、インターネットのことを漏れなく理解している人となると、どれくらい探しても見つからないのではないでしょうか。

そうはいっても、インターネットの世界では本当にありとあらゆる物事が行われていますから、インターネットのことはできるだけ知り尽くしておく必要があることもまた事実ですね。

インターネットはこう見てきますと、さまざまな矛盾をはらんだまま今日にいたるまで膨張を繰り返してきてしまったということになるのではないでしょうか。

インターネットのことを深く知っている人たちはできるだけ多く、それこそひとりでもたくさんいたほうがいいのでしょうけれども、実際のところ、インターネットのことを詳細に知っているような人たちは意外と少数しかいないのではないかと思われますね。

JIBEOのような組織がつくられたのはそのような理由からでしょうか。

JIBEOは株式会社中島商店のような優良な組織を認めるなど活発に動いています。

JIBEOだけではたいへんですが、株式会社中島商店のような組織を多く認めていくことが期待されます(ある意味、株式会社中島商店はとにかく早めに動いたともいえますが)。