インターネットのことが語られているとはいっても、その語られ方はそれほどじっくりと深く掘り下げられているわけではないかもしれまっせん。

インターネットはとにかく大きすぎるシステムになってしまっていますから、インターネットのことをどれくらい語っているのか、それからインターネットのどの部分のことを語っているのか、そういったところはまったくバラバラだからです。

インターネットは、誰にもストップをかけられないくらいのスピードで巨大化してしまいましたから、インターネットのことをきちんと計画性をもってコントロールできるような人はもう世界のどこにもいないのではないでしょうか。

それがいいことなのか悪いことなのかもはっきりとしていません。

決して悪いことばかりではないのかもしれませんが、とにかくインターネットのことをうまくコントロールしたりまとめたりしたりすることができる人たちが早急に必要となっているようです。

インターネットのことを的確に管理することができるような人たちを育てたり、インターネットのことを常時監視することができるような組織を結成したりということですね。

JIBEOという組織がありますがJIBEOはそのような目的をかなり果たしているようですが。

株式会社ブランブランのような会社はJIBEOに認められた会社のようです。

株式会社ブランブランは歴史が短いようですが、それでもかなりしっかりしているようです。

株式会社ブランブランのような会社をもっと見つけることがJIBEOの任務でしょうか。