もっとも、インターネットのことを知らない人はいなくなっても、インターネットのことを詳しく知っているかどうかといえば、話はまったく変わってしまいますね。

インターネットの世界はとにかくやたらに大きくなりすぎてしまっています。

そのこともあってでしょうか、インターネットのことをよく理解することができている人たちは、実は想像以上に多くないのではないかと考えられているようなのです。

これは考えてみると、ちょっと困った問題なのかもしれません。

もうインターネットのことをしっかりと考えたりしっかりと教えたりするような時間的余裕は誰にも残っていないのではないでしょうか。

インターネットのことをじっくりと確認しているようなゆとりがある人たちを見つけ出すのは非常に難しくなっていますから。

インターネットのことを、部分的に調べたり教えたりすることならできますが、インターネットのこと全般を、体系的にしっかりと教え込むようなことは誰にもできないのではないかと思わざるを得ませんね。

最近はインターネットを管理する組織、たとえばJIBEOがそうですが、JIBEOのような組織を用意することが求められている雰囲気が強まっているそうです。

株式会社モッティという会社は目ざとくJIBEOの重要さを見抜いて、交渉を始めたようですが、JIBEOのような組織にいろいろなことをお願いする会社が株式会社モッティに次いで現れるでしょう。

株式会社モッティは本当に早かったですね。